服装・作法・挨拶など、結婚式のマナーを知ろう

いよいよお呼ばれした結婚式当日。慣れない結婚式の場でも最低限のマナーを知っておけば安心ですね。
受付についたらまず、結婚式の 挨拶「おめでとうございます」とお祝いの一言を述べましょう。
その後に芳名帳に住所と名前を書いてからご祝儀を渡す。
ご祝儀はバックから裸で出すのではなく、ふくさやミニ風呂敷に包んで出すのが結婚式のマナーです。

親族として神社などの神前式に参加の場合は、一人ずつ紹介があるので、名前を呼ばれたら立ち上がり一礼、友人として神前式に参列する場合の、結婚式 服装として女性は華やかな着物姿で参列すると喜ばれます。
ハワイ 結婚式などチャペル教会式に参列する結婚式のマナーは、賛美歌は歌詞カードを見ながらで良いので、できる限り合唱し、写真を撮るのに夢中になりバージンロードに足を踏み入れないよう注意しましょう。


★結婚式マナーの便利グッズ最新情報を見る★


結婚式のマナーのキホン

結婚式の衣装のマナーでは黒以外を選択することをお勧めしますが、同年代の他の出席者に明るい服装を心がける方もいらっしゃるでしょうから、黒であっても場違いなことはありません。

お客様の席が真っ黒、という事態にはならないと思います。
黒に合わせる靴で、黒以外って難しいですよね。小物でアレンジするファッションや髪型で華やかにするのも結婚式の衣装のマナーではないでしょうか。
午前中の結婚式の場合、肩を出す結婚式 ドレスは控えた方が結婚式の衣装のマナーとして良いと思いますが、ピンクのワンピースなど、色が淡すぎるので焦って選んで二度と着られないようなものを買うよりも、現在お持ちのもので良いと思います。
結婚式の衣装のマナーでは、ノースリーブでしたらショールは必需品です。
ただ時期的なことや、場所によってはテラスに出る演出があるので、その状況によってはいくらショールを羽織るといえど、ノースリーブでは寒いかもしれません。


★結婚式衣裳のお得情報を見る★


結婚式マナーワンポイントアドバイス

披露宴でのマナーは、間違っても「乾杯」の声がかかる前に、料理や飲み物に口をつけないこと。
新郎新婦の紹介や仲人の挨拶などを経てから「乾杯」へと進みます。
スピーチをしている時は歓談中でも席をたたないように気をつけるのも披露宴でのマナーです。

結婚式 挨拶や結婚式 スピーチをするときも、歓談に夢中で気づかないなんてことのないように、司会者に名前を呼ばれたら、さっとマイクに向かいましょう。
結婚式 余興でカラオケを歌う場合の披露宴のマナーは別れのバラードなどは避け、結婚式 ソングを選んでください「歌う前にマイクを持ったら一言「おめでとう」と言ってあげてください。
親せきの皆さんもいらっしゃるので結婚式 余興でゲームをする場合は、下品になりすぎないようにするのも披露宴でのマナーです。

披露宴・パーティなどの終わりには、新郎新婦をはじめ両家のみなさんが出口に並んでお見送りをしてくれます。
最近はここで新郎新婦からお礼の気持ちをこめて結婚式 プチギフトが配られたりします。
歓談中などにご両親に結婚式の 挨拶ができなければここでご挨拶をするのが披露宴のマナーです。

国民年金と厚生年金 inserted by FC2 system